iPhoneの画面の変化

バナー

iPhoneの画面の変化

iPhoneは初代、3Gから6Plusまでさまざまな画面サイズを追加しながら進化しています。


日本では初代iPhoneは販売されていませんが、3Gをソフトバンクが初めて販売してから大好評なスマートフォンであり、今でも日本で一番売れているスマートフォンと言えます。

画面サイズは初代から3GSまで320x480です。

注目のiPhone6sの機種変更ならこちらが人気です。

その後、4や4Sで640x960というサイズになり、iPhone5で640x1136となり、iPhone6Plusでついに1080x1920というHDサイズにアップグレードされています。
しかし、iPhoneの場合は画面サイズが異なっていてもアプリなどで下位互換をしっかりもっていることから3Gや3GS用のアプリでも6Plusで動作可能です。

iPhone6sの予約の情報をお知らせいたします。

このアプリの互換性も魅力と言えます。

また、このスマートフォンは端末サイズもAndroidに比べると少ないです。


実質的に現在は5以降が主流ですが、5や5Sが4.7インチ、6Plusで5.5インチとなりました。


しかし、画面サイズを大きくしても過去のアプリをすべて使える互換性を保っています。

互換モードと呼ばれる画面の表示領域を変化させるモードも6から搭載しています。

6では5との互換を保持しており、各アプリでも問題ない可動が可能です。

互換で動く場合には5や5Sのように4s以前のアプリは画面下を黒く塗りつぶすことで対応しており、アプリ可動も問題ないと大変好評です。